ネット指導教員養成講座 教材一覧
 



この教材は、「ネット指導教員養成講座」の教材として、和歌山県 青少年・男女共同参画課が作成したものです。
(上記リンク先には「きのくにeラーニングシステム」とは別のユーザ名とパスワードが必要です。)

ネット依存 「朝が来るまで・・・・」 
スマホの普及によりいつでも何処でもネットを利用し、友達とつながることができる中、夜遅くまでネットを利用し、生活リズムが乱れることがある。何が問題で、問題をどう解決すべきかを考える教材。
問題行動の投稿 「線路に立ち入った写真を投稿したら・・・」
子供たち(生徒)による問題行動の投稿がSNS等に繰り返される中、そのことが社会的に大きな問題になりかねないことを投げかけ、社会秩序の大切さを知るとともに、問題行動を投稿する理由を考え、どうしたら投稿を止めることができるのかを学ぶ。
匿名投稿、誹謗中傷 「面と向かって言えないことも匿名なら・・・」
先入観にもとづいた誤解の積み重ねの結果、匿名での誹謗中傷に至った経緯について考えることで、思い込みや先入観で、同じ文章でも受け取り方が変わることに気づかせ、間違った受け取り方をしないための力を養う。


動画ファイル  がセットになっています。   
スライド教材
指導案
補助資料



上記の教材をご利用の際は、「きのくにeラーニング」システムのIDとパスワードが必要です。

「きのくにeラーニング」システムへの入り口はこちら